Translate

2017年10月3日火曜日

プノンペンの空港のスタッフが結構いい感じ♪

わたしはちょくちょくと、日本に戻って日本で仕事をしているのだが。
今日も帰国のためにプノンペンの空港に来た。

プノンペンの空港のチェックインカウンターのスタッフの対応は、本当にめまぐるしく良くなっていると私は感じている。
特にANAが成田直行便が就航し始めてから、ANAのスタッフ教育が素晴らしいのか他のキャリアより頭一つ分上のような感じだ。

数年前はチェックインの作業中に隣とぺちゃくちゃ喋ったり、途中で手を休めて違うことをしたり・・・まあ色々だったけど(笑)

たまに、タイ航空やベトナム航空も利用するが、ANAの担当者は「洗練された動き」という感じがする。

カンボジア人もちゃんと教育を受ければこうなるんだな~と実感。
うちのスタッフにはまだまだ甘いのかなとも思いつつ、カンボジア人の能力レベルの差や家庭環境の差も多いのが現実だなと実感する。

例えば、うちのスタッフちゃん。
高卒で真面目、それほど能力が低いわけではないが(カンボジア人の間で)、お金がないので大学に行かずに会計の専門学校を卒業(した割には計算があやしい(笑))、いまは英語学校に自分で通いたいといって通う彼女だが、両親がすごく甘いらしい。
バイクが止まっても両親を呼び、時々父親がお弁当を持ってくる。
家に帰ると、家事一切をするわけでもなく、プチュンパンの日に外のマーケットが全部しまっているからと店の上にある私の生活する部屋のキッチンをつかって料理をしたらしいが、旦那いわく「食べられたものではなかった」らしい。
洗濯も、掃除も、母親がする。
先進国の人間にしたら、仕事をしている女性が家のことをするのは当たり前。
そのために様々な家事を軽減する商品が開発される。でも、カンボジアでは・・・
「うちの娘は仕事をしているから」といって家事を全くさせない親が結構存在するらしい。

その一方で、家事や親の仕事を手伝いながら、日本語を勉強し、大学にも行き、日本に短期留学もした子もいる。

自分のキャリア形成が「お金がないから」という理由はもう通用しない時代になってきたような気がする。


2017年8月13日日曜日

男性スタッフの右耳ピアス!Σ(゚д゚lll)ガーン

この夏は、日本での仕事が多いため久々に日本連続滞在期間が1ヶ月を越した。
カンボジアで仕事をしている主人からは毎日楽しい連絡が入ってくる。
で、今日の連絡。。。この画像だ!
 Σ(゚д゚lll)ガーン
男性スタッフが右耳にピアスを!!!
このスタッフ、以前は純朴な田舎出身のシャイボーイという感じだったのだが、結婚して長女を授かってからというもの、なぜか自分の美に目覚め?たようで。。
先月は、髪の毛を染めてピンクっぽくなっていて異様だった。日本からブラウン系の毛染めを買っていって染め直すようにしたが、次はなんとピアス!!!
それも右耳!

慌てて主人に「男性の右耳ピアスってゲイだよ!」と。
でも、頑固な主人は「カンボジア人は知らないし、気にしないから」という返事。
いやいやいやいや・・
こっちは気にしなくても、うちは欧米人の方々も多いわけで・・・
おいおいおいおい・・・

カンボジアだから知らなくていい・・・という問題かぁ??

ま、いずれにせよ、「スタッフとしての品位が落ちる・・・KTVのスタッフみたい」ととりあえず主人に私の意図していることが伝わるようにあれやこれやと言葉を変えてメッセージ送信。
後は・・・プノンペンに帰ってから、どうなっていることやら・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

2017年2月13日月曜日

空港のラウンジにて

プノンペンから成田に帰ると、羽田に移動してから大阪に帰るのですが、予定よりも早く成田から羽田のシャトルバスに乗れたので、羽田で少し時間ができました。
メールチェックなどする場所が欲しかったので、クレジットカードで入れるカードラウンジに行きました。
私はアメックスがあるのでゴールドでなくても入れますが、VISAやMasterなどの場合はゴールドカードでないと入れないラウンジです。
ですから、入ると「Businessで飛行機乗ります!」という雰囲気の方々ばかりがおられます。
とりあえず場所を決めて、コーヒーを飲みながら手帳を広げていると、目の前の椅子に勢いよく年の頃は20代後半と思われるビジネス女子がiphoneで音楽を聴きながらキャリーを引っ張ってカツカツと入ってきました。
黒いスリムなビジネススーツに白いシャツ。指にはネイルをしていておしゃれにはしているけど、ゴールドのクレジットカードと財布を持ちながら肩からずり落ちそうなカバンは口の大きく開いた黒い型押し革のトートバッグで、中身が今にも出てきそうなくらい。手帳、携帯、ハンカチがごろんごろんと入っている感じ。
机を挟んで隣にすでに中年の男性が来ていて、飲み物を取りに席を立っていた状態で、カバンや携帯を置いてあったのですが、それにも全く気が付かない様子で、どっかとカバンを椅子からはみ出しそうな状態で置き、机に携帯やら小物やらをバラバラっと置いて、またカツカツと勢いよく歩いて飲み物を取りに。
すると、その間に隣の中年の男性がコーヒー片手に戻ってきて・・・「え?」といった顔で自分の椅子の隣に散らかるように置かれたカバン類に目をやっていました。
しばらくすると、ビジネス女子が戻ってきました。
隣の男性にも目もくれず、どっかと座り、ガチャガチャとカバンに携帯やら財布やらなんやらを放り込み、さらにカバンをガサガサすること数秒・・・ノートパソコンをごそっと取り出し、何やらすごい勢いでパソコンのキーを打ち始めました。

なんだか、見ていてこっぱずかしくなってきました(笑)
なんだか・・・必死に背伸びをしているみたいで。彼女は何を焦っているんだろう、何に追われているんだろう、何を追い求めているんだろうって。ちょっと思ってしまいました。
スーツのスタイルや髪型、ネイルから見てもお世辞にも30代後半とは言えない。
なのに、ゴールドカードを持って、自分があたかも周りの同年代よりも頭一つ分出ているかのように背伸びをしているように見えて、仕方がなかったです。
周りの人達は落ち着いて新聞を読んだり、本を読んだり、パソコンで仕事をしたり、それぞれが自分のやるべきことに集中している感じなのに対し、彼女の姿はまるで、一生懸命に「仕事のできる女性を演じている」ように見えて仕方がありませんでした。
実際、仕事ができる女性なのかもしれません。でも、カバンや財布などの扱い方や、携帯や手帳の使い方などを見る限り、落ち着いて仕事をしているようには見えませんでした。

でも、ふっと考えると、自分の20代後半も、ひょっとしたらこんな雰囲気だったのかなとも思ったりして。(笑) だからこっぱずかしかったのかなと。
こうして背伸びをする時期っていうのも、案外必要だったりするのかもしれないなと思った一幕でした。
ちゃんちゃん。

日本に帰る機内の中で・・・

昨年9月からANAの成田―プノンペン間が就航して以来、ここしばらくはずっとこのANA便を使っています。

以前は、タイ航空、ベトナム航空、シンガポール航空、ドランゴンエアなどをその時の航空運賃や時間を比較しながら選んでいましたが、ここにきて、初めて?の日本のキャリアに♪

これまで、国際学会でもほとんど日本のキャリアを利用したことが無かったので、機内放送が日本語であることが新鮮!!!
客室乗務員さんも日本人!
うわ~~~なんだか、落ち着く~~。と感動しきりでしたが・・・

プノンペン―成田間の乗客の殆どは日本人。
これまで、海外のキャリアだと日本人が少なかったので、機内の乗客のマナーが少々悪くても「まあまあ」と諦めモードでしたが、国内キャリアに乗ると、逆にそこが気になってきちゃいます(笑)


つい先月、日本に帰国する便に乗った時に、ちょっとしたことが起こりました。

私はいつもギャレー(乗務員さんが食事や飲み物を用意するところ)に近いところの通路側を取ります。
いつもなら割と空いている便ですが、この日はたまたま満席とまではいかないまでも、70%くらいは座席が埋まっていたと思います。
私の横もいつも空いているのですが、今回は窓側の席が埋まっていました。
私の二つ前の通路側に日本人男性が1人。年の頃は50後半から60代といったところでしょうか。
その男性、たまたま座った座席の隣2つの席がカンボジア夫婦で埋まってました。
それが、どうやら気に食わなかったのか、嫌だったのか・・・座った途端にすぐに脇を通った乗務員さんに指に挟んだ搭乗券の半券を差し出し、「この座席、隣が全部埋まっているから、空いている席探してくる?」って言い出しました。
それも、離陸前で乗客が全員登場したかどうかを確認する時間。
乗務員さんは急いでカンボジア人の地上職員に伝えて、空いている席がないか調べてもらおうとしましたが、そのカンボジア人地上職員が「席を間違われている」と勘違い。
意思の疎通がうまくいかず、その日本人男性がイラつき始めました。
そして、その日本人男性、急に自分のカバンをもって立ち上がり、「自分で探すからいい」と歩き出し、飛行機を出ていってしまいました。
その間、乗客待ちぼうけ。。。
暫くすると戻ってきて、どうやら座席がなかったようで。。。ふてくされたように元の座席に着席。
客室乗務員さんも事情を説明し、謝るのに必死。
隣のカンボジア人夫婦も、自分達がなにか間違って悪いことしたのかと不安げ。
私は心の中で、「そんなに嫌ならお金払ってビジネスクラスに乗ったらいいやん」とブツブツ。。。
とにもかくにも、20分ほど遅れて離陸。
ところが、この男性、これでは終わらなかった!!!

離陸後、軽いスナックとお水、ドリンクのサービスが終わり、機内の照明も暗くなってお休みモード。
そこへ、その男性出現!
片手にウィスキーか何かを入れてもらったグラスをもって、ウロウロ。
ギャレーまでくると乗務員さんに話しかけ始めるではないですか!
それも、数分とか、トイレを待っている間とかではなく、延々30分。。。
乗務員さんも仕事ができないまま話に付き合う羽目に。
それでも、タイミングを見て、その男性を座席に連れて戻るのですが、また・・・席を立ってくるではないですか!?
実は途中で気が付いたのですが、酔っぱらってる!
そう、酔っぱらって乗務員さんに絡んでただけ。
だから話す声も大きく、ギャレーのカーテンも開けちゃうもんだから、周辺の人は大迷惑。寝れない。
心の中で「乗務員さんはバーの女の子とちゃうぞ~~!!」とイライラしっぱなし(笑)
結局、1回の話しこみ時間30~40分を3回繰り返し・・気がつけば・・・もう朝食の時間に。一睡もできなかった帰国の途でした。。。ちゃんちゃん。


2016年12月10日土曜日

フランクリンプランナーのバインダー到着!

さて、来ました!アメリカ仕様?のフランクリンプランナーのバインダー!
荷物の発送状況は確認メールのURLで確認ができて、いま日本に到着して、いま通関してるとかが一目でわかって便利でした!
荷物を開けるのモワックワク。

蓋を開けるとちゃんと緩衝材も入ってて、ラッピングも可愛い感じ。
日本のフランクリンプランナーには無い可愛さです!!


ストラップ部分はなんとマグネット仕様。思った以上にちゃんとくっつきます(笑)

中は水玉模様でカワイイデザイン。

タグにもちゃんとサイズが明記してあり、リング径1インチ!



でも思ったよりちょっとデカめ。
友人には「弁当箱かと思った」と言われつつも、とにかく苦労して探したのだから、頑張って使ってみよう!と心に決めました♪


まずはノートパッドを一番後ろにはめてみます。
う~~ん。カワイイ!
これなら出先でちょっと書くことが増えても大丈夫だし、いつでもどこでも英語学習のノートがとれる!




次はインデックス
12枚あって、すべてデザインが異なるというオサレな感じ。
裏表もデザインが違って、手帳に華が!

また著名人の一言が書いてあるページもあって。
素敵です!
日本の機能性ばかり重視のおっさん臭いデザインとは全く違います♪

ペンホルダーは左と右の両方に。
3色のフリクションペンは入りました!

左側にはカードホルダーが。
名刺サイズポケットが3つ
材質がツルグルしているので、愛用の付箋のホルダーもきれいにくっつきました。

名刺ホルダーのうしろもポケットがあります。

私は、1週間コンパスの次週分をここに入れておくことにしました。


案の定、25㎜のリングはぱっつんつん(笑)
1年分のマンスリープランナー
2ヶ月分のデイリープランナー (1日2ページタイプ)
future lanning 5年分
7つの習慣マスターフォームの目標設定のみ
後はモロモロの自分で作ったページ

そして最後にノートパッド。

う~~む。
色々書きこんだメモやノート部分が増えると、30mmが必要になってくるかも。。。
とりあえず・・・これで1年はやってみようかと思います♪




2016年12月7日水曜日

フランクリンプランナーのバインダー探し その3

さて、海外のフランクリンプランナーのバインダーを買えばいいんだ!という結論に達してからは、
早かった!!

まず海外のshopサイトを発見
https://franklinplanner.fcorgp.com/store/

[international shopping]



というページを発見し、早速問い合わせメールを送ってみると、「we can ship to Japan」と返事が来た!

サイトを見てみると、可愛いバインダーがいっぱい!

ところが。。サイズ表記がinchi!

一応1 インチ= 2.5cmということなので、おそらく1inch ring が25mmリング径なんだろうなあと予測してみるも、確信がないので再度メールをしてみると・・・

yes, this binder ring is 1 inch !
maybe...around 3cm

25mm maybe 0.75 inch

という返事が。

え?maybe??

で、気が付いた・・・この人達はcmで物を測る習慣がないから・・maybeになるし、わざわざ見知らぬ日本人のために商品のサイズを正確に測って教えてくれるわけもないんだろうなあと。

で、ここは自分の情報を信じることにして、表記サイズを1inchi=2.5cmで換算して、おおよそのサイズを確認した。

しかし何よりも、バインダーの付属用品のデザインもおしゃれで豊富!
私は2016年の新作らしい Planner Love というシリーズのバインダーと、12分割のインデックス、ノートパッドとfinder(しおり)を注文してみました。

送料は最初のページでは50$となっていたのが、最終段階で24ドルに。
バインダー本体が49.5$なのでバインダーだけでも1万円以下!
日本で高い革製品を買うよりずっと安くつきました。

つづく・・・

2016年12月4日日曜日

フランクリンプランナーのバインダー探し その2

さて、バインダー探しの続きです・・・(#^^#)

その後、
Bindex, ASHFORD, レイメイ藤井、などのバインダーをチェックするも・・・

リング径の大きいものが無く、サイズも合わずに断念。

よくよく考えると、
フランクリンプランナーを使う以上、フランクリンプランナーのバインダーを使うしかないんだということに結論に達し・・・ふと思いつきました!

「そうだ!
フランクリンプランナーを使っている人の事例をチェックしてみよう!」

で、いろいろネット検索をすると、ある人のブログに到着
かなり長い間フランクリンプランナーを使っているらしい・・・

そこで発見したブロぐがこちら

http://www.sitekznr.com/fp-amazing-custom/

海外のフランクリンプランナーユーザーのレビューを見てみようと言うものだ。

で、見てみた!

すると・・・

なんと!
海外のビジネスwomanはゴッつい手帳を使っているではないか!!
現金をあまりもたないアメリカ人ならではだろうか。クレジットカードやshopカードも手帳の中。
あとお馴染みの家族の写真も盛りだくさん。
家族のスケジュールもすべて1冊で管理している人もいる。

さらに、海外の女性はコンパクトよりもさらに大きいクラシックサイズの利用者が多い!

クラシックサイズにもちょっと惹かれてきます(笑)・・・・脱線注意ですネ((+_+))
やっぱり日本ではコンパクトサイズのリフィルの方が種類も多いので、自分の使い方がFIX
するまでコンパクトサイズで行くことに。

で、気が付いたのです!!
そうだ!
海外のサイトからフランクリンプランナーのバインダーを買えばいいのだ!

そして、バインダー探しはまだまだ続く・・・・(笑)