Translate

2014年12月7日日曜日

プノンペンにイオンができてしばらく経ちました

さて、今年の夏、
プノンペンにイオン旋風が巻き起こり??
カンボジア人は初めての日本のショッピングセンターにワクワクドキドキ。
大勢の人たちが詰めかけました。

その後・・・

駐車場でバイクの盗難が相次いだらしく、義妹の友人もとられたとのこと。
いくら駐車場に警備員をおいていても、見る方も見る方だからな~と。(笑)

あと、駐車料金をとられるという習慣がカンボジア人にないので、バイクを置いたくらいでお金をとられるのに怒ってる・・(笑)
でも、中で買い物をしたら無料になるのを誰も説明しなかったら、看板を読まなかったり・・(笑)

日本人にとってもポロシャツが50ドルなど、「デパートちゃうねんから」みたいな価格で、観光客はともかく、カンボジアに住む日本人にとっては、「どんなんかな~」的雰囲気がある感じ。


日本から進出してきた店も撤退した店がすでにあるとか。

確かに、イオンの出店が会社としての契約で、VATをすべて払わなければいけない会社の登記になった場合は、結局内税10%と同じことが発生してるので・・それは、大変だったはず。

中国や韓国の企業と競争するには、それなりの策略がいるもので・・・。

関西の商人的なフレキシブルな感覚があったほうが、うまくいくんじゃないかな~と思う今日この頃。

イオンができてから、日本の企業の見学なども増えているようですが、ほんの1週間見学したくらいでは分からないカンボジアの常識も多々あります。
皆さん、カンボジアの見学に来られるときは、日本の常識を捨てて、カンボジアにどっぷりつかるような気持ちで来てくださいね~